第28号:火事場の馬鹿力。

今日は朝からたまりにたまった仕事の片付け、研修の準備をした。
昨日冷静に、「このまま進んだら、どうなってしまうのか?」と考えたときに、
空恐ろしくなり、徹底的にやろうと思った。

今日1日の仕事を明確にして、量をイメージしてみても、どう考えても時間が足りない。
最低、これだけはやっておかないと、明日が大変になるとか考えてスケジューリングしても、
結局、いつも自転車操業になってしまう。
普段、そんなにユルユル、トロトロしているわけでもないし、
今年は、“風林火山”をスローガンに仕事に取り組んでいるつもりなので、
自分としては、非常に良い状態なのである。

そんな中、“火事場の馬鹿力”を活用して乗り切るだけだと、どうも納得いかないし、
もっともっと高いクオリティで、元気で、良いサービスを提供したいと思う。

「どうしたら、もっと効率よく高いクオリティのサービスを用意できるのか?」

クオリティとは、日本語で言うと“品質”という言葉になる。
では、品質とは何かというと、広辞苑では、「品物の質」とだけある。

ISO9001の審査員の資格を持つ私としては、ISO9000の用語の定義からすると、
「本来備わっている特性の集まりが、要求事項を満たす程度。」とある。
お客様が要求していることに、“品物の質”がどれだけ満たしているかということである。
ということは、お客さんに聞かなきゃ良いのか、悪いのかわからないということになる。
これは、是非聞いてみよう。
そうすれば、望んでいることや満たしたり、満たされていないことがわかって、
どのような準備をすべきかが明確になる。
一件落着!!

いや、でも、自分自身の仕事に対する要求事項というのもあるはずだ。
私がする仕事は、「こうでありたい。」というような。
こちらのほうも、放っておけない。

自分が自分に要求する品質も明確にしたほうが良いかもしれない。
これが、目標というものであって、この目標があいまいだとむちゃくちゃ疲れる。
あいまいだと、どこまでやっても際限がない。
満足すれば良いけど、ゴールがあいまいだから、満足することもできない。
よく頑張ったと、慰め的には言えるけど、本当に良かったのかは自信がない。
私の今の状態は、こういう状態だと気がついた。

このブログの中でも登場する言葉に忠実にすればよい。
「協働のよろこびを創りたい」
「生きるよろこびの渦を創る」
「勇気、行動、感動を提供する」

そのためのサービスはどのようなものだったら良いのか?
要求を満たすレベルに到達するためには、どのような準備がどれくらい必要なのか?
ペーパーを準備するのではなく、英気を蓄えて100%のかかわりを生み出したほうが、
自分にとっては良いかもしれない。
もっというと、上記の基準に合ったものだけを受注するようにすればいいのかもしれない。

効率のことを考えると、火事場の馬鹿力も生かしながら、かつ、
お客様の情報を早くインプットして、普段の中でも感じつつ情報に触れ、
より効果の高いアウトプットができると良いと思う。

火事場の馬鹿力は、ジャストインタイム生産なのかもしれない。
それまでのインプットが重要ということだね。
最初は、火事場の馬鹿力を使わないようにしようと思ったが、結論としては、
今のスタイルはけっして悪くないと思った。
インプット、概略のアウトプット、またインプット、詳細なアウトプット(ここで馬鹿力を使う)、
というスタイルで計画的にやってみよう。
火事場の馬鹿力も悪くないし、そうならないとできない自分にOKを出そう。
今年の自分の軸は、「自分を楽にする」ことだからね。

ということで、今日はメンタルな感じというより、目標の考え方とアイデアの創り方、
の話になってしまった。
普段とはちょっと違うけど、経営コンサルタントとか、企画マンらしいかな?

今日も付き合っていただき、ありがとうございます。
これから、馬鹿力を発揮して、頑張ろうと思います(泣)。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (6)

ハイクオリティなものを創ろうと思ったら選んで捨てることも大切なんでしょうね。これ、5Sの整理ですか?笑

おじゃまします。
「自分を楽にする」これは大事ですね。
決して手抜きでは無くて。
僕も自分を楽に・・・かな?

>結局、いつも自転車操業になってしまう。

この表現に触れて、高校時代に遅刻しそうなときの自転車は、凄いスピードで走れたことを思い出しました。これも火事場の馬鹿力でしょうか。(^_^;)

ちなみに、僕もギリギリまで仕事をやらずに、背水の陣で挑むことが多いです。そうしてたら結構やらなくてよくなっちゃうこともあったりして・・・ 密かに「意思決定の遅延による予期せぬ成果」とよんでいます。

鉄じぃさん
高校時代に妙にチャリンコこぐのが
はやい人いましたよね。
思いっきり走っていて、
溝に落ちたのも思い出しました。
やっぱりあせるのは良くないかも・・・。

S-Tさん
そう手抜きじゃないところが
ポイントですよね。
少しでも、精神的にも、肉体的にも、
楽になれるようにしないと
いけないですね。
そういう意味では会社が儲かる
というのは重要ですね。

つぶやきさん
まさに整理ですね。
整理をすすめるためには、
基準が必要です。
仕事の場合は、ありがたくって、
大切にしたくって・・・。
極力応えたいんですよね。

コメントを書き込む