第9号:笑い飛ばす。

今日も朝早くから遠くにコーチング&コンサルティングに出かけた。
年始から絶好調の私は、今日も調子に乗り、快調に仕事をこなしていた。

そんな最中、あることがきっかけで「どっか~ん」と落ち込んでしまった。
打ちあわせ中に話をするのが嫌になるくらいまっ逆さまに落ちた感じがした。
今思い出してもヒリヒリするし、別の打ち合わせをしていてもヒリヒリが止まらない。

「今起こっていることは、自分にとってどんな意味のあることか?」

「自分を見直すための良いきっかけに違いない。」
そのことが起こることで、下記のようなフィードバックを受け取ることができた。
①自分の仕事に対する姿勢
②自分の行動の結果
③自分に対する周囲の人の温かさ
改善して、もっと期待に応えられるようにしよう。

“意味を考える”と、自分の人生の中で起こっていることを冷静に受け取ることができた。
人生という大きな川の中ではその悩みはとってもちっぽけな物である。
その一方で、自分のありたい姿に向かうために、この上ないきっかけとなる。
コーチングをする上でも、人生という大河の中で、クライアントがどこからどこへ向かっていて、
今起こっていることは、その中でどんな意味のあることなのか・・・、
しっかりとコーチしてあげたいと思った。

さらに、そんな自分を笑い飛ばす、余裕やユーモアを持って生きたい。
先日、副島コーチ(神奈川)とのセッションで、自分のユーモアについて考えた。
苦手なユーモアも少しずつ、どのようなものなのかが明らかになってきた。
こちらも、近日中に公開したい。

ありがとうございます。
いろいろなことがあるけど頑張ります。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む