第3号:今年は「自分を楽にする」を自分軸にしよう。

おはようございます。
にしやんです。
昨日からブログを本格的に始めた訳だけど、良く考えてみると、
前日の日記を書くという流れになってしまった。
修正すべきかどうか・・・。
できるだけ夜書くようにしよう。
(今回は、まっ、しょうがないか・・・)

昨日は朝起きて耕之助と幼稚園までのマラソンコースを一緒に走った。
ついに3日間続いた。
耕之助の頑張る姿や笑顔を見ていると充実感が湧き上がってきた。
その中で、自分の価値観や信念と合わないことがあると、
その時、瞬間的に子供を怒り飛ばしているということを強く感じた。

走りながら、改めて考えたことがある。
「今の自分が学習できる最も重要なことは何か。」

その1
「何かを選ぶということは、何かを捨てるということ。」
そして、捨てる時はできるだけ、「思いっきり捨てたほうが良い。」ということ。
やるときは、「思いっきり覚悟を決めてやる。」ということ。
私には子供との時間や身体を鍛える時間が力を与えてくれる。

その2
「刺激に即反応しない。」
目の前に起こった事象が自分の捉え方ではたとえ最悪なことでも、
相手は間違っているわけではなく、今それが必要なんだと、
ひと呼吸おいて感じてあげられたらどうなるだろうか。

その3
「相手も自分も許してあげること。」
相手も自分もまっすぐに信じ、許してあげることが必要だ。
私は、常に一生懸命でなければならないという信念がある。
でもそのことが、忙しすぎる状況を生んだりする。
以前、目標設定コーチングで「もっと楽になりたい。」と言ったのを思い出した。
元旦の計を実現するには、「楽にする。」という目標を持ってみよう。
サボタージュが起こらないように、もっと楽しんで、楽しなきゃ!!

フィードバックを受け止めること自体が難しいのに、
微妙なニュアンスをつかんで、自分をコントロールしていくのは、
至難の業のような気がする。
1個ずつだね。

こんな私でもきっと“熱く生きる”自分になれるし、
こんな自分だからこそ、周りの人の“あきらめを無くす”ことに貢献できるはず。

独り言にお付き合いありがとうございます。
また、お目にかかりたいです。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む