アーカイブ: 2008年12月11日

第341号:悔しい。

今日は早朝ミーティングでスタートした。
一日の仕事の内容は、ISOの導入支援、経営革新のヒアリング立会い、
そして、顧問先でのセッション、夜は飲み会と打合せである。
今日も丸々1日仕事に投入することが出来て、満足だった。

その一方で、最近少しマンネリ化してきた自分にはっぱをかけたい気分になった。
今日はたまたまラジオを聴きながら移動することがあったのだが、
とても、魅力的な武道家の方が、生き方や自分を語っているのが聴こえてきた。

それを聴いた私は、次のようなキーワードが出てきた。

「悔しい。」

正直、負けていると思った。
武道でまず世界クラスであること。
そして、武道を通じて、自分自身の想いやあり方が明確であること。
さらに、その想いを広く世界へ、人の中で自らの手で伝えていること。
その伝え方は、かげりひとつ無い声で伝えている。
強くて、伝えようという意思がある。

「負けない。」

何があっても、私にも出来る。
少なくても、私自身に負けないということは出来る。
明確なゴール設定と純粋な想いがあれば、絶対に出来る。

「あきらめをなくし、生きるよろこびを創る。」

こんなに、素晴らしい想いがあるじゃないか。
周りにいる知人、友人、そして、仕事や授業で出会う人々、
もっと言うと、道行く人だってその瞳を見れば、エネルギーが湧くじゃないか。
それが、私の生きる目的だから。

今日も自分を承認してみる。
「目の前いにいる人を心から勇気付け、励ますことが出来たね。」と言ってみる。
「あきらめるなよって、人に言うくらいなら自分でもっとやってみろ。」
と、手厳しい声が返って来た。

中途半端でまだまだな自分を、心から信頼して言いたいです。
今日もありがとうございました。